プリザーブドフラワーはお手入れの手間が少ないお花です。
生花と同じような水やり水替えのお手入れはいりません。しかもその手間いらずできれいな状態が数年持ちますから、長く楽しめますよね。
贈り物として利用しても、もらったお相手がお手入れの手間なしで楽しんでもらえるため、お互いにうれしいですよね。
誕生日プレゼント、結婚祝いや母の日などプリザーブドフラワーが活躍してくれるシチュエーションは多いですから、一度検討してみてください。


プリザーブドフラワーを飾るときの注意

といってもプリザーブドフラワーはどこに飾っても良いということでもありません。とってもデリケートなお花ですから、飾る場所、保存状態には気を使わなければなりません。
特に、高温多湿の場所は避けないといけません。
高い湿度や温度は、状態を維持するのがとても難しくなりますから、日陰の風通しが良いところに置いておくのが良いとされています。


ケース入りならもっと楽に

花がむき出しな状態のものがありますが、他にも専用のケースに入ってるものもあり、それならば外気の影響をあまり受けることなく飾っておくことができるためおすすめです。
ケースや箱に入ったものならば贈り物としてもより魅力が増すかもしれませんよ。

Comments are closed.